2009年11月18日

不動産投資のデメリット

いろいろとおいしいところ尽くしの不動産投資ですが、もちろんデメリットも存在します。

まず家賃収入においては、入居者がいなくては話になりませんよね。

自分が持っている賃貸物件になかなか人が入らなければ収入はゼロなのです。

ほとんどの空き室の原因は立地と賃料設定にあると言われています。

今後は賃貸経営においても競争が始まることが十分に考えられます。

立地・デザイン・間取り・防犯・管理・賃料などいろいろな差別化を考えて検討する必要があるでしょう。

物件選びの際も専門家の意見をよく聞いて決める必要があるでしょう。

また経年変化による建物の老朽化は避けることが出来ません。

修繕費は必ず必要になるものなので、あらかじめ事業計画に入れておく必要があります。

それから、ローンを利用して不動産投資をする場合、変動金利を選択した場合には返済額アップのリスクが生じます。

返済期間を短くしたり、繰り上げ返済をする、固定期間を長くするなどのリスク対策をするとよいでしょう。

また購入した物件が、将来的に売れるかどうかわからない、というリスクも存在します。

高利回りの物件を運用して既に投資した資金を回収できているのであれば、気にすることはないでしょう。
posted by トシ at 21:30| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。