2009年10月23日

FX口座開設時に知っておくべきこと

FXを始めよう、と思った時にまず心得ておかなければならないことがいくつかあります。

まずひとつは「リスク」ということです。

投資をする場合、このリスクは避けて通ることが出来ないものです。

FXの場合、特徴として上げられるのは「レバレッジ」という仕組みです。

レバレッジとは言葉の意味として「テコの原理」のことです。

つまり、FXに当てはめると、実際の取引額(総代金)と比べて少額の資金(必要証拠金)で取引できる仕組みのことを言います。

FXは現物取引ではなく金融先物取引であるため、こうした取引が可能になるのです。

たとえば100倍のレバレッジを設定すると、10,000円×100倍=1,000,000円まで購入できることになります。

しかし、上級者にとってはメリットなこのレバレッジも、初心者にとってはまだまだリスクと考えた方が良いでしょう。

リスクもきちんと把握した上で、取引を開始するべきでしょう。

また信託保全という点もチェックするべきでしょう。

信託保全とは、もしもFX会社が倒産した際に、預けていた証拠金が保障されるのか?という点です。

じつは、全額信託保全形式をとっているFX会社は、全体の半分にも満たないのです。

この点は注意して、口座開設する会社を選びましょう。
posted by トシ at 11:16| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。