2009年12月31日

リーマンショック

世間を震撼させた「リーマンショック」。

「言葉は聞いたことあるけれど…意味はわからない…。」という方いらっしゃいませんか?

こういうことって、今更人には聞けないものです。

リーマン・ショックとは、2008年9月15日にアメリカの大手証券会社である「リーマン・ブラザーズ」が経営破綻して、世界経済に与えた衝撃のことです。

なぜリーマン・ブラザーズが、経営破綻に陥ったのかというと、サブプライムローン問題も含めた不動産ローンの時価の値下がりなどによる損失が原因で、経営が悪化したためです。

その損失額は資本を食いつぶすほど大きいと見られていて、株価の下落、信用失墜ということが重なり経営が困難になりました。

そのリーマンを米国が救済しなかったので、破たんに追い込まれたのです。

ところが、リーマンと同じように苦しい他の米国大手金融機関や住宅公社には、それまで「公的資金の注入」や「買収」「合併」といった救済措置が取られてきました。

しかし、米国第4位という規模の証券会社「リーマンブラザーズ」の破たんは予想した最悪のシナリオで、世界の金融市場に不安を与えたのです。

その結果、負債総額、約64兆円という史上最大の倒産劇へと至り、リーマンショックとして世界的な金融危機を招く事になったというわけです。
posted by トシ at 15:51| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

マーケットの心理状態を利益に変える【Zoneシステム】

商材内容 :人間心理の変化に対応し、売買シグナルのスイッチが変化する画期的システムトレード


価  格 :39,800円

詳細はこちら
マーケットの心理状態を利益に変える【Zoneシステム】


□■□■□ 感  想 □■□■□

システムトレードというものは、機械的に見えて実はそれを使って取引する人間の心理状態がとても影響しているものなのです。

この商材では、その人間の心理というものに着目して、人間の心理の変化に対応するシステムトレードというものを提案しています。

「システムトレードは最終的に人間の根本的な心理的偏向を捉えるものに帰結するであろう」というのが、作者たちの基本的な考え方となります。

このシステムは臨床心理のプロが構築したシステムなのです。



普遍的な戦略をロジックに用いれば、感情を持った人間のマーケットでの自然な反応をそのまま利益に変えることが可能です。

これは株価指数先物取引だけでなく、あらゆるマーケットに存在している傾向です。

銘柄それぞれによって反応を起こす心理的ゾーンというものがあるのだそうです。

相場における本質的なリスクは不確実性であり、この不確実性は自分の予想たものと異なる方向への大きな値動きを生み出すものです。

このように普遍的な人間心理がマーケットにとって一番影響を与えているのは間違いない事実なのです。

そして、このマーケットにおける恐怖という普遍的な人間心理を上手に利用して安定した利益を上げることが出来るのです。



人間の心理とマーケットを組み合わせるという方法はとても画期的で面白いと思います。

ただ、それがイコール利益に結びつくのか?といえば、それはまた別の問題になっています。

今のままでは少し不安が残るかもしれません。



詳細はこちら
マーケットの心理状態を利益に変える【Zoneシステム】


総合得点 :60/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
マーケットの心理状態を利益に変える【Zoneシステム】
posted by トシ at 19:56| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム

商材内容 :日本一の現役サラリーマントレーダーが教える、ド素人でも出来る株式投資方法ノウハウ


価  格 :39,140円

詳細はこちら
渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材は、株式投資、スイングトレードで最短で大金を稼げるようになる効果的な秘密の方法を公開してくれるものです。

作者の渋谷高雄氏は、さまざまな相場環境で実績を出している現役トレーダーです。

その現役トレーダーが、株を取引する人の心理の説明から損切りの重要性、実践的で簡単なチャート分析法など、すぐにも実践できるような情報を教えてくれるのです。



金融市場において長期的に安定した利益を出し続けるためには「技術」が必要です。

それは「株の値動きを読む技術」など攻めのものが多いですが、逆に守りの技術も必要です。

それは「リスク管理の技術」などです。

そして最後に、自分の心理をコントロールする技術、これもとても大切です。

株について学び、知識を身につけることはもちろん大切ですが、それ以上に自分の感情をコントロールし、感情に流されずにルールにのっとってトレードすることが実はとても大切なのです。

あくまでも冷静な目を持って、失敗の確率を最小限にするためにも、感情のコントロールは絶対に必要なのです。




これは全自動ソフトなどというものではないので、取引は自分自身で行います。

あくまでも株式投資について学ぶ、という姿勢が大切です。

価格的には少し高めかな?という気もしますが、株式を本気で学びたい人にはおすすめです。



詳細はこちら
渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム


総合得点 :65/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
渋谷高雄のトップトレーダー育成プログラム
posted by トシ at 04:20| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編

商材内容 :あの榊淳司が紹介する、買ってはいけないタワーマンションの真実


価  格 :1,960円

詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編


□■□■□ 感  想 □■□■□

今、世の中はタワーマンションブームと言っても過言ではないくらい、とても多くのタワーマンションが販売されています。

素晴らしい眺望、広い部屋、豪華設備と良いとこ尽くしのオンパレード。

こんな広告を見ていると、思わず買いたくなってしまうのではないでしょうか。

でも、マンションは一生に一度あるかないかの高価な買い物です。

いろいろな冷静になって考える必要があるのではないでしょうか。



実はタワーマンションには、人々がまだ気づいていない、いろいろなリスクがあるのです。

それは通常階数のマンションにはないリスクです。

タワーマンションには「ソフト面」で大きなリスクがいくつもあるのですね。

それからタワーマンションの中層階以下の住戸には、購入するべきメリットというものが何もない、管理費関係が高くなる、資産価値が将来高い確率で暴落するだろうという数々のデメリットが存在しているのです。

もちろん、マンションはそこに住む人のものなので、その人が価値を見いだせばいいのですが、購入前に考えておくべき事はたくさんあります。

資産としての価値、市場価格と比べてどうなのか?共用施設は本当に必要か?間取りは自分たちに合っているのか?本当に便利なのか?などです。



このレポートでは、実際に今販売されている都心のタワーマンション18物件について、詳細に書かれてあります。

チェックポイントを中心に、メリットやデメリットをひとつひとつ解説してあります。

もしも都心のタワーマンションを購入予定の方がいらっしゃったら、是非とも契約前に見ていただきたいレポートとなっています。



詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編
posted by トシ at 05:46| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

FXスーパー・ナビゲーター

商材内容 :裁量に頼らず、ストレスを排除し、平常心でトレードし、キャリアやスキルに左右されず安定した結果を得るために構築されたシステム


価  格 :28,000円

詳細はこちら
FXスーパー・ナビゲーター


□■□■□ 感  想 □■□■□

トレードというものは、それを行う人間の心理というものが大きく影響するものです。

いかなる時においても、平常心で淡々と相場にむかう事の出来る心理状態を保つことが、テクニック以上に大切なこと。

これは多くのトレーダーが認めていることだと思います。

しかし、それをおざなりにして感情的にトレードを行えば、たちまち資金を失ってしまうことになりかねません。

それを克服するには、本当なら膨大な経験値が必要ですが、この商材ではそこをショートカットできる方法を教えてくれます。


トレードスタイルはデイトレードを中心とした短期トレードですが、メソッド自体は数日から数週間のスイングトレードにも利用することが出来ます。

またこのメソッドは、オートトレードではなくマニュアル操作によるシステムトレードです。

でも、チャートが指し示すポイントに値動きがさしかかれば、エントリーとエグジット、ストップとリバースのポイントは最適にシナリオ化されるので、それに従ってエントリーするだけです。

トレードにおける不安定な心理状態を解決するための最も簡単な方法は、主観的な味方や予測などに依存する手法を止めて、準備された自動的に判断を下すシステムトレードを選択することです。

これによって精神的プレッシャーから解放され、心理的ストレスから生じる判断ミスや予測を排除できるので、ストレスや資金的ダメージから解放されるはずです。




システムトレードに間違いないのですが、マニュアル操作なので操作は自分で行わなければなりません。

シナリオに従ってエントリーするだけですが、やはりこの商材に書かれてあることを理解してからでないと、なかなか思うようなエントリーにつながらないかもしれません。

何もかも機械的に操作してくれたら確かに心理的なストレスは生じることはないでしょうが、自分で操作となると、そこにストレスを生み出さないようにするには、少し時間がかかるかもしれませんね。



詳細はこちら
FXスーパー・ナビゲーター


総合得点 :45/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:3★★★


詳細はこちら
FXスーパー・ナビゲーター
posted by トシ at 05:16| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

日経225オプション ドリームスプレッド戦略

商材内容 :たったひとつの戦略だけで相場の上げ下げに関係なく、損切りもポジション調整もなく毎月勝てるノウハウ


価  格 :59,800円

詳細はこちら
日経225オプション ドリームスプレッド戦略


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材では、たったひとつの戦略を使用するだけです。

それだけで相場が上がっても下がっても関係なく、毎月確実に勝てるとしたら・・・

こんな夢のような戦略、知りたいと思いませんか?



これはオプションだけにある優位性、と言えるでしょう。

株式や先物、FXには出来ないことです。

なぜなら、株式や先物、FXには買い戦略と売り戦略しかないからです。

つまり相場が上がるのか下がるのかを当てないと勝つことは出来ないのです。

でもオプションでは相場の行く末を当てなくても勝てる可能性がとても高い、「優位性」があるのでそんな必要はありません。

オプションの最大の特徴は「期限」があることで、多くはその期限に無価値(0円)となります。

それは毎月欠かさずやってくるので、毎月利益確定することが出来ます。



投資と資産運用で一番大切なことは「資産を減らさない」ことであるのは言うまでもありません。

勝つための投資であると同時に、負けないようにリスクをヘッジできることもオプションの優位性と言うことが出来るでしょう。

今回は多くの人に販売するのではなく、わざと高く設定して「情報漏洩のない真剣な個人投資家」だけに販売したい、ということです。

この姿勢からも、作者の自信がうかがえる、真面目な商材だと言うことがわかります。




詳細はこちら
日経225オプション ドリームスプレッド戦略


総合得点 :90/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:5★★★★★

信 憑 性:5★★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
日経225オプション ドリームスプレッド戦略
posted by トシ at 02:26| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

たった1年間で家賃収入1千万円達成!

商材内容 :初心者がゼロから始める不動産投資完全マニュアル


価  格 :19,800円

詳細はこちら
たった1年間で家賃収入1千万円達成!


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材では、誰でもゼロから始めることが出来る不動産投資について、今まで誰も教えてくれなかった完全マニュアル化してあるものです。

「サラリーマン大家さん」という言葉が流行語になり、多くの人が不動産投資に乗り出しました。

しかし、その結果は、成功した人と失敗して自己破産した人、と大きく運命を分けることになってしまったのです。

その違いはどこにあるのでしょうか?

実は不動産投資がこれだけ話題になっているにも関わらず、実践的なノウハウを教えてくれるものは、何もなかったのです。

このマニュアルは、その実践的で初歩的なことから応用的なことまで、すべてをマニュアルにしてあるのです。



不動産の世界というのは特殊なものです。

不動産投資に関わる全ての会社や人は利害関係で結ばれているので、新参者にはその成功を邪魔するかのような行動を起こすことが多いのです。

知識を持って臨まないと、不動産屋や銀行の言いなりになってしまい、大失敗してしまうケースも後を絶ちません。

例えば、不動産投資で使う基本語句や利回り計算、収支シミュレーションと言った、始める前に身につけておくべき基本的な事柄。

それから不動産投資の種類や特徴、物件選びに重要な視点となる事柄、そして銀行の融資についての情報、購入から所有権移転までの流れ、などです。



本気で不動産投資を始めようと思っている人がいらっしゃるとしたら、買っておいて損はないと思います。

何もわからない状態で挑むにはあまりにも無防備すぎますからね。

不動産投資の近道をしたければ、この商材をオススメします。



詳細はこちら
たった1年間で家賃収入1千万円達成!


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
たった1年間で家賃収入1千万円達成!
posted by トシ at 06:46| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

KARANG 2つのスキャルピング手法

商材内容 :目先数分で安全確実に5〜50pipsを取りに行く方法


価  格 :4,980円

詳細はこちら
KARANG 2つのスキャルピング手法


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材で紹介されている方法は、小さな利益をコツコツと積み上げるものです。

一攫千金を狙っている人には向きません。

また長時間のトレードも必要なく、超短期トレードを推奨しています。



このKARANGというのは基本的に「勝つ確率が高い」と判断できるタイミングでのみトレードします。

メイントレンド中のあるタイミングで目先数分の値動きを予測してトレードする、というスタイルです。

それによって5〜50pips程度の利幅を得るスキャルピングであり、それに特化した2つの方法を紹介しています。

このメイントレンドは、始まり・継続・終焉が一目で判断できるので、簡単にトレードのタイミングがわかります。

目先の値動きで判断するので、適切なストップロスオーダーが出来、大きな損失を出すことはなくなります。

短時間といえども、トレードチャンスが数多く発生するスキャルピングなので、短時間でトレード可能です。



資金的にも5万円程度から始められますし、短時間で完了するというのも、忙しい人には向いていると思います。

大きな儲けが欲しい人には物足りない内容でしょうが、毎日コツコツと積み重ねることによって、年間の利益は大きなものになるはずです。

価格的にも手に入れやすいものなので、ちょっと試してみようかな、と思う人でも気軽に購入できるものだと思います。



詳細はこちら
KARANG 2つのスキャルピング手法


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
KARANG 2つのスキャルピング手法
posted by トシ at 05:06| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

10万円からの秘伝!!デイトレ手法

商材内容 :初心者でもデイトレで儲ける三つの方法


価  格 :14,800円

詳細はこちら
10万円からの秘伝!!デイトレ手法


□■□■□ 感  想 □■□■□

この商材では、全くの初心者でも10万円からFXをスタートし、月50万円以上の収益を目指す、デイトレの手法を教えてくれます。

明確な損切りポイントや利食いポイントを教えてくれるので迷いがありません。

どんなに初めての人でもすぐにデイトレを始めることが出来るのだそうです。



トレード手法は、1分足と5分足のチャートに、誰もが知っているテクニカル指標を3つ加えたシンプルなトレードになっています。

売買チャンスの数とパフォーマンスを考えると、シンプルで一番わかりやすい方法がこれ!という結論になりました。

またこれは口座を持たなくても使え、またデモトレードが可能なので、勝てる自信が持てるまでシミュレーションを何度も試すことが出来ます。

どこの国でも、金融相場参加者の約9割の人は負け組で撤退しているという統計があるそうです。

高確率で勝てるポイントでエントリーし、利益を伸ばし、損切りは早めにする。

これ以外の方法でエントリーしてしまうと、あっというまに資金は底をつき、負け組の仲間入りになってしまいます。

その場の雰囲気、という誘惑に負けることなく高確率のポイントを待つこと、これが勝ち組への第一歩となります。


シンプルな手法だから初心者でも出来る、ということですが、やはり基礎知識は持っていないと、書いてあることがわからないと思います。

デモトレードは便利なものだと思いますが、そこに行き着くまでに時間がかかってしまいそうです。

もう少しわかりやすい表現をしてほしかった、という部分がよくありました。



詳細はこちら
10万円からの秘伝!!デイトレ手法


総合得点 :45/100点

わかり易さ:3★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:3★★★


詳細はこちら
10万円からの秘伝!!デイトレ手法
posted by トシ at 18:28| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

投資家とは

一般的に投資家とは投資を行う人、と言う意味です。

個人で投資を行う人のことは「個人投資家」、業務として投資を行う法人は「機関投資家」と呼ばれ区別されています。

また、継続的に投資を行っている場合のみ「投資家」と呼ばれており、投資の経験が一度くらいあるだけでは投資家とは呼ばれません。

短期の値動きによる利益を狙うのは「投機家」「トレーダー」で、投資家は長期の値上がりによって利益を期待する立場を意味することもあります。

「投機家」「トレーダー」は通常の買いだけではなく、「空売り」という手法で売りから入ることもありますが、投資家の場合はほとんど買いから入ります。

また日本の市場に最も影響を与えているのは外国人投資家だと言われています。

この外国人投資家とは、主にアメリカやヨーロッパなどの年金や投資信託などを運用している機関投資家のことを言います。

これらの外国人投資家の動向によって、市場に大きな影響をもたらし、個人投資家にも影響する場合がよくあります。

もしも外国人投資家の動向を調べたければ、「投資主体者別売買動向」を東証やJASDAQのホームページやトレーダーズ・ウェブで見ることが出来ます。

しかしこれは1週間遅れのデータなので、リアルタイムで当日分が知りたければ外資系証券会社の寄り前注文動向を参考にするのが良いでしょう。
posted by トシ at 03:31| 商材やコラムなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。